人身事故が発生したら

人身事故が発生したらとにかく相手に声を掛けて、どの程度の怪我か確認しながらとにかく、安全なところに負傷者を移動させましょう。
呼吸が止まっている、脈が止まっている、意識がないなどの状態であったら、とにかく近くの人を呼んで助けてもらうようにし、次に救急車と警察を呼ぶようにします。
事故の起こった場所の説明、目印になるビルなどを冷静に伝えるようにし負傷者の状態も伝えます。
自分の怪我がひどいときには、周りの人に頼むことになることもあります。

道路に車が止まっていると、それが原因でまた事故が起こることもあるので、できるだけ自動車も脇に寄せるようにしましょう。
そして目撃者がいたら、お願いして待っていてもらうようにします。
どうしても時間がないという人の場合は、名刺や携帯の番号をもらっておくようにしましょう。
目撃者の確保は後になると分らなくなってしまうので、是非きちんとお願いするようにしましょう。

そして保険会社、保険代理店へ連絡します。
いろいろな段取りもパニックになってしまったときも、これから行うことを説明してくれるのでとにかく連絡を入れましょう。
次に家族などに連絡し、今の状態を伝えておくことも大切です。
また仕事場にも一報するようにしましょう。

また余裕があったら自分の車や相手の車の破損部分を、写メでもいいので写真を撮っておきましょう。
過失割合を出すときにも必要になりますので多めに撮っておきます。
ただし人身事故の場合、相手の人の怪我の状況、また自分も怪我をしている可能性もあります。
まずは怪我の状況によっては体を優先に考えるようにしましょう。